秘密のカーニバル

色んなことにうふふあははしている私が何かについてこっそりつぶやく場所。ただの徒然記。

過去と今を結ぶ そのじゅーさん

 仕事中ですが、データ待ちでちょいと暇なので移設だけ。


✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄

カウント17☆⇒『散リユク僕ラ』

好きだけど、その頃のプラを思うとちょっと聴くのがツライ1曲です。LIVEで聴く分には.....いやいや、やっぱり結構クル曲です。

曲的にすごくドラマチックだと思います。静と動がくっきりはっきり浮き彫りにされた展開に息をつく暇すらない。煩いくらいのギターが余計に変な不安感を煽るというか...。カッコいい曲なんだけど、素直に「きゃー↑↑」と言えない感じです。
あ、だたのアキラマニアとして言えばMVのアキラは色々GJ☆
手!腕!!最高です。ありがとうございますありがとうございます(土下座)

 

【瞬間も永遠も変わんないから/感情も感傷も欲しくないから】
【悲しくて君の手だけ 僕はギュッと、握ってるんだ。】
この【僕はギュッと~】の「ギュッと」の竜ちゃんの唄い方がたまらない。
その瞬間眼を閉じて、力を込めてるのが...聴いてるこっちの胸までギュッとされるよ。
 
【花咲いた、花裂いた、その瞬間ほら、このまま散リユク僕ラ。】
プラは花ではないし、散るなんてことのない立派な幹のある樹だけど。
......散らなくてよかった。
後々、そう思った海月ちゃんは多かったはずです。

 


『散リ僕』は上記理由もあって「曲」だけを素直に聞けないので、あまりCDでは聴いてないんですね。
LIVEで聴くのは別だけど。

『ギチギチ』も曲的に好きなんだけど、これまたちょっと痛くて。
【さながら僕らの思想や理想は、感情過多とか、それに近い思い過ごし】
まったくもって、どーすればいいの的な!
もうね、笑うしかないよ。開き直って。
今までのメルへチックな世界に散りばめられた痛さとかではなく、リアルに痛い。
それを言ったら、この『散リユク僕ラ』収録曲は全てすごくリアルだけどね。


『プラットホーム』
最初っからアキラっぽいなーと思った曲でした。笑
そこまで凝った構成ではないんだけど、そのシンプルさが好きです。
このシングルの中で私が1番聴き込んでる曲かなー。
バンドっぽさがいいなぁと思ってます。

 


今回の語りは短めで。
✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄

散リユク僕ラ、今だにこの曲を聴くと身体に力が入ります。何かに対して身構える感じ。大好きな曲なんですけどね。

 


想い出回顧録そのじゅーさん 終