秘密のカーニバル

色んなことにうふふあははしている私が何かについてこっそりつぶやく場所。ただの徒然記。

仕事中に何を考えてたかと言うと…

シャーロック・ホームズ

それは私にとって非常に甘美な響きの名前。あ、でも、ロンドンに行きたいっていうエントリーでもちょっと触れているけど私はシャーロキアンではありません。そこまでは突き詰めてない、ただの軽い、浅い、シャーロック・ホームズOTAKUです。小学生でひと通りシリーズを読破して、そこからひたすらシャーロック・ホームズOTAKUを軽くこじらせています。こじらせが過ぎて、ロンドンではシャーロック・ホームズが住んでいたとされるベーカー街221B(ただし、シャーロック・ホームズが活躍した時代には存在しない架空の住所ですけども…)のすぐ近くのフラットに住んでました。え、時代が時代ならストーカーじゃね?って友だちに突っ込まれた。そーだね否定はしない。にこにこ。

そんなストーカーな私が、自分をシャーロキアンではなくシャーロック・ホームズOTAKUと称するのには理由があります。コナン・ドイルの小説はもちろん面白いし大好きだけど、小説の中での謎とか矛盾とかを取り上げて色々と研究しようとは思わないし、端的に言うと、、、私は「シャーロック・ホームズ」という男性アイドルのファンなのです。そう、わたしにとってシャーロック・ホームズはアイドル。私はただのアイドルOTAKU。痩身長身、天才的な観察眼と推理力を持っていて、ヴァイオリンは弾けるし、武道にも長けてるしで、頭脳派なのに肉体派なまさに完璧な人、、、、なんかではなく、退屈を嫌って面白い事件が起こるのを待ち望んでるし(不謹慎)、薬物依存の気があるし(時代が時代だけど)、女性嫌いだし(というか、怖いんじゃないかな)、ものすごく偏屈で気難しい人なのです。何それかわいいすごく萌える。

※こんな書き方をすると清く正しいファンの方に暗殺されそうですけども、最初に言ったように私はただのアホでライトなアイドルOTAKUなので目を瞑ってこの戯言を通過して欲しいです。

ちなみに、こんなにシャーロック・ホームズという架空のアイドル(ある意味、本当のアイドル=偶像)が好きなのに、実写版の映画なりドラマなり、もしくはアニメなりでの様々な描かれ方に全く不満はありません。色々な方向性のものを観てきたけど、「やだ、そんなのホームズじゃない!」って思ったことは一度もない。全てに萌えてる。全てを美味しくいただける。「わお、このホームズも素敵!」「なるほどこっち系で今度はきたかー。油断してたぜ。うへへ(喜)」「え、それずるい!萌」って感じです。

 

そんな私が愛する、シャーロック・ホームズを演じた俳優さんたち。有名どころばっかりです。ライトなOTAKUが選びがちな、はいはいはい、ってラインナップ。

▪️ジェレミー・ブレット▪️

原作から思い起こされるシャーロック・ホームズ像に正しく寄り添ったホームズ。私が最初に見た、実写版ホームズでもあります。(私の母がジェレミー・ブレット氏の演じるホームズ支持派だったからと思われる)風貌も仕草もホームズ!古き良き英国紳士な雰囲気がすごく好き。

▪️ピーター・カッシング▪️

氏が演じたホームズはものすっごい神経質で冷たい感じが出ててたまらん。個人的萌えポイントは特に眉間と目尻の皺。紳士なんだけどちょっと悪そうな雰囲気が良いよね。

▪️ロバート・ダウニー・Jr▪️

肉体派!武闘派!全くもってスマートではない、男臭い、小汚いホームズに衝撃を受けた人は多かったらしいですね。友人にも「きたな!こんなんホームズちゃうわ!笑」って言われたけど、私はあの小汚いムキムキ武闘派なホームズが可愛くて仕方がない。

▪️ベネディクト・カンバーバッチ▪️

SHERLOCK」で演じたホームズはエキセントリックで空気が読めなくて(読まないのではなく、読めない)、どこか滑稽な、人間らしさを感じられるところが好き。天才的に頭が良いとか観察眼半端ないとかそんな部分がオマケに思えるくらいの強烈なダメ人間っぷりが愛おしい。

▪️ジョニー・リー・ミラー▪️

新し目のドラマから。舞台は現代のNY...イギリスから飛び出しちゃいました。笑 イギリス・ロンドン贔屓の私としてはそこは残念ポイントだけど、ホームズ像としては面白い。病的な女好きに見せかけてるけどでも実は女嫌いでしょって感じで、いちいち面倒臭くひねくれてるのがかわいいポイント。

▪️イアン・マッケラン▪️

 引退したおじいちゃんホームズ。良い余生を過ごしてほしいな(ほっこり)っていう。おじいちゃんなんだけどカッコよくて、60代と90代を演じ分けるイアンすごい。リアルに、おじいちゃんとおじじぃちゃんだった。

▪️犬のホームズ(アニメ 名探偵ホームズ)▪️

 実は一番萌えるイケメンわんこホームズ。犬なのにパイプくわえてるんだぜ…cool!!ちょっとタレ目なところも好き。

 

みんな違ってみんな良い。 他にもシャーロック・ホームズを演じている人たちはたくさんいるけど、恐らく全てのホームズにそれぞれ萌えることが出来ると思う。自信がある。だから、これからもたくさんの人にホームズを演じてもらって、私に無限の萌えを提供してくれると嬉しいです。

 

 

て、これ何の日記だっけ....。(仕事で葉巻とかパイプの話になって、ふとシャーロック・ホームズを思い浮かべてしまったがゆえのエントリーです

 

 

Plastic Treeの恋は灰色を聴きました。迷子になってた僕ら(僕は?)何にもないってはしゃいだ〜、って感じに唄ってるから有村さん作詞かな迷子になるの得意だもんな...それにしてもギターすごいな…いろんな意味で。にこにこ。早くLIVEで聴きたい。しかしナカヤマさんはLIVEでこれを本当に弾くのか。笑 スーパーアキラタイム前から、アキラタイムに絡む正くんのベースも良い感じ。