秘密のカーニバル

色んなことにうふふあははしている私が何かについてこっそりつぶやく場所。ただの徒然記。

2018年上半期振り返りその2

今週のお題「2018年上半期」その2

この上半期によく聴いていた曲TOP10から振り返ってみるの巻、です。

※あくまでも、この時期によく聴いていた曲なので、随分前に発売された曲も含まれています…。(アプリによるカウントを元にしています)

 

東方神起『Reboot』

確かにむっちゃ聴いてる。自覚あり曲。アラームにも設定するくらい、個人的に気合が入る曲です。おっしゃースイッチ入れ直すぞー!って時によく聴いています。5月までの仕事が忙しすぎる時期に聴きまくってのTOP10入りですね。

 

Plastic Tree 『いろつき』

3月に発売されたアルバムから、一番好みだと言っていた曲がランクイン。聴いていて、フワッフワなものに包まれた気分になれる曲。happyになれます。仕事で張り詰めた気が解放されるぜ!Yes!Free!って思いながら聴いてた。

 

■L'Arc〜en〜Ciel 『XXX - English version -』

X X X -English version-

X X X -English version-

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

ラルクの中でも聴き込み半端ない曲がいくつかあって(侵食とか花葬とか)、その中の一曲。個人的には英語ver.の方がしっくり。これは多分25thの映像発売前にテンション上がってエンドレスで聴きまくったのが反映されたんだろうな...。

 

■The Cab 『Moon』

初っ端の打ち込みからテンション上がって、I'll take your body to the moonで意味がわからなくなるくらい楽しくなれます。正に月に運んでくれる曲。笑 今ちょっと浮きたいなーって時に聴きながら歩いていました。(動画がなかったのでこの曲が入ったEPサンプルをぺたり)  

 

■The 1975 『Love Me』

これも初っ端から音が楽しい。魂抜けそう。(表現)歌詞的には…まあ、バンド名の由来(たまたま手に取った本がそれって…)から見てそうだよねそっち系だよねわかるって感じで、まっすぐな意味合いでの「love me」ではないのが面白いと思ってます。

 

COALTAR OF THE DEEPERS 『Unlimber』

理屈ではなく本能で好きな曲です。最初のギターでトリップできます。Deepersは私の好き分野を全て投入して煮込んで、あえて裏ごしせずに飲ませるスープ的な音楽。(は?)(公式がなかったので拾い動画をペタリ)

 

SHINee 『Good Evening』(데리러 가 テリロガ)

つい最近出た曲だけどランクイン。どんだけ聴いてるの。笑 今回のカムバ曲はどれも愛しいけど、テリロガはなんというか「あー、シャイニだー」って安心できたんですよね。良い意味で、私の知ってる彼らでした。お伽噺の中、繭の中って感じ。

 

ELLEGARDEN 『風の日』

仕事で煮詰まると聴いてた応援ソング。勝手に元気を貰ってました。多分これからまた仕事が立て込んでくるので年間通して聴きまくることでしょう。青春時代よりも歌詞が刺さる...。(私も大人になりました。)

 

■リアクションザブッダ 『ヤミクモ』

ほぼ同率で『ドラマのあとで』『クローン』も続いてたからこのミニ・アルバムをよく聴いてたってことだと思う。私の中では直球ロックです。

 

 

総括

2018年上半期はずーっと仕事が忙しくて、仕事に追われまくった日々だったからか、前向きな応援ソングもしくは違う世界へ飛べる曲ばかりがランクインしてました。...わかりやすくて笑うー。

今は仕事がちょっと落ち着いているので、安心して(?)単純に踊れる曲を聴きまくってます。夜の本気ダンス、好きだなー。今この瞬間の私にピッときてる。笑