秘密のカーニバル

色んなことにうふふあははしている私が何かについてこっそりつぶやく場所。ただの徒然記。

過去と今を結ぶ そのじゅー

 好きなもののひとつ、フィギュアスケートでも盛り上がっているシーズンです。オフシーズンにはアイスショーとか行く人なので、競技でそこまで応援していなかった選手のショーでの演技を見てファン落ちすることも多く、気がついたらみんな頑張れ状態になっています。てことで、みんな(国も問わず)頑張れ。ショーと言えば今期はジェーニャのくるみ割り人形が好き過ぎて生であのプルッセルマイヤーさんが観たくて仕方がない。白黒ともに最高。個人的にはスノーキングよりも好き。日本でも興行してくれないかな。チケ代高くても通う人そこそこ多いと思うの。

 

 

 移設移設

✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄

 カウント20☆⇒『ロケット』

綺麗な1曲です。好きな海月ちゃんも多いハズ。歌詞も、曲も、PVもメルヘン野朗くん(おい)の好みで統一されててブレが全くありません。1つの御伽噺をガラス越しに見ているかのような気分になります。
...て、実際この曲に関してどこまで竜ちゃんが拘ったかは不明だけど。

余談ですが、アキラのミス率が異様に高い曲でもあります。LIVE中、金子さんの、ミスったアキラへの冷たい視線も見所とか言っておく。←


【君と暑さのせい 僕の血は濃くなって】
【このまま眼を閉じ 空を昇り 願いも越えていく】
(ちなみに、一回目の【願いもこえていく】は平仮名で「こえる」と表記されてます)
メルヘンチックな世界の中に、この微妙なリアル感。そこはかとなく気持ち悪い感覚ですよ。
真夏に、貧血で倒れそうになるのを我慢し、冷や汗だらだら。悪寒すら覚えるようなような感じです。

【眼を開けた。色あせた世界に僕はいた。空を見た。希望はまた帰ってきた。】
めでたし。めでたし・・・?
後味も微妙で素敵です。さすが有村氏、一筋縄ではいかないところが好き。


まぁ全体的雰囲気で大好きな曲なのですが、熱く熱く語るほどのことでもなく。ぶっちゃけ、これはアキラのギターに酔いしれてるだけなんですね、私。

特 に L I V E 中。
ミスが多いとか、ちょっとケチつけましたが。それも愛ゆえ!!愛しかないのーー!!空をぐんぐん昇っていく感じのするあのぎゅいんぎゅいんな部分が大好き過ぎて本当は大変なのです。LIVE中は足と手と、視線が大忙し。

アキラんのうさぎさんペダル@PVが気になるところですww

 

 

 

 

で、いつもの流れです。すみません。
既に定番化してるよーで何なんですけど、私....これもC/Wの方が好きなんです(小声)。

『存在理由』
タイトルからしてアレです。相当きてます。

あのギターの入りを聴いた瞬間にゾワゾワってくる感覚が好き。
そのギターをバックにふわんふわんな竜ちゃんの唄声も好き。
足元が揺らぐような不安感、眩暈、吐き気。
内に篭る感情の囁き。
誰を相手に?自分?それとも、空想の相手?
ひっそりこっそりうっそり。ぞっくり。

それが急変する【歪んだ~】からの発狂具合もたまらない。
ぐわーーーーーー!!!って感じで。
ギターギターギターーーー!!!!!!


丘ツアーで、とある太朗海月ちゃんが言ってた言葉。

「竜太朗さんが入り込みすぎて怖い」

確かに。私は怖くて直視できません。昔ほどではないにしても、こういったマイナスな感情吐き出し系の唄を唄う有村氏の迫力は半端ない。そっち系の要素があるコは持っていかれちゃう的な。私は全く持って鈍い人種なので、プラの、って言うか竜ちゃんのそういった側面に共感することも全くないんですけどね。それでも、怖い。怖すぎる。

そのせいも相まって、LIVE中はアキラしか見てません。(いつもやん!て突っ込みなしで)
でも音源として聴くのは大好き大好き大好き。
有村さん万歳!!

✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄✄--------------- 2007年の世界 ---------------✄

 Date You の次回LIVEが決まったようで......1月14日。有村さんのと被ってるやーん。てか、私的には東方神起とも被ってるんですけども、今のところの楽日公演と。どうしようかな。

 

 

想い出回顧録そのじゅー 終